<   2009年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

コントロールではなく、動かすこと。

不動心 (新潮新書)

松井 秀喜 / 新潮社



古本屋で安く見つけたので購入。

今年はDHでの出場がメインながらも良い活躍をしていて、松井の結果を見るのが楽しみだったりする。ゴジラというニックネームで知られる彼は、インタビューに誠実に答える姿勢や、プレイヤーとしての野球に対しての心構えなどが、大リーグの選手からも尊敬されているそうだ。中学校以来嘘をついたことが無いだとか、そんな人格者的な話題も良く耳にする。確かに彼のインタビューはいつも丁寧だし、怒りをあらわにした松井というものも見たことがない。その辺のことが多少気になっていた。

本書によると
「腹が立ったり、不満が出てきたりするのは、仕方がありません。思ってしまうのだから、自分にも止められない。でも、口に出すか出さないかは、自分で決められます。そこに一線を画した方が、自分をコントロールできるような気がします。」(p65)
とのことであった。

失敗と上手く付き合う知恵として、怒りを口に出さないということを実践しているそうである。確かに過去のことは反省するにしても、怒って自分を見失う利点はどこにも存在しない。それよりも変えていける未来のために今できることをすべきである。そんな理念の元、彼は常に不動心というものを意識しているそうだ。

この辺がプロだなあと素直に思った。
ついつい怒ってしまったり、目を向ける対象から目をそらしてしまったりしてしまうのだけれども、あえてそこから逃げずに向き合い、自分をコントロールし常に最高の状態で居続ける。そしてそれを一年間ずっと続ける。簡単に思えるこの難しい行為を当たり前のようにやってのける(本に書くだけでなく、インタビューを見れば一目瞭然である)ことは、本当に難しいことだと思うし尊敬出来ることだと思う。

後一点。
「人の心はコントロールできないと思います。でも、コントロールはできずとも、動かすことはできるのではないかと思っています。」(p79)

この考え方は、常に心に留めておきたいと思った。僕が誰かを指導したりするときは、ついつい相手をコントロールしようとしてしまう。自分が何かをして相手を変えるなんて言うことはよくよく考えたら不可能である。変わるのは相手の意志によって行われることであり、僕が何をしようが関係ないからだ。でもそこで諦めるのではなくて、人の心を「動かす」方向にもっていけばよいのである。それならば、可能である。やる気のない相手にやる気を出せというのではなく、やる気を出したくなる状況をつくればいいのである。

第一線で活躍するプロの言葉は、どの分野の人間のものであったとしても普通の人間とは違う重みがある。プロ論というのはそれゆえに面白く読める。本書も例外ではなく、自分にとっては収穫の大きいものとなった。来年もヤンキースでやってほしいなあ。
[PR]
by pyababy | 2009-09-30 02:18 |

秋の再読週間6

潮騒 (新潮文庫)

三島 由紀夫 / 新潮社



三島の作品の中で、他とは確実に色が違うのが潮騒だと思う。
全てを読んだわけではないけれども、確実に異質だと言える。

良くも悪くも普通の小説なのである。
何かの色があるわけでもない、ただの恋愛小説なのだ。

とはいえ、ただの不器用な青年が頑固親父の娘に恋をするだけの話なのに、そんな単純な内容とは程遠いレベルのスケールを生み出す三島の文章力にはただただ脱帽である。話の結末も流れも全部王道なんだけど、普通に面白く読めちゃうんだよなこれ。

何回か読んでみても結局よくわからなかったりした。
[PR]
by pyababy | 2009-09-30 01:58 |

秋の再読週間5

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)

山田 詠美 / 新潮社



山田詠美の作品の中でも異質なものが本書である。
どちらかといえばエロチックな作品が多い中で、多分唯一に近い青春小説である。

とはいえ非常に面白い。時田秀美という高校生が繰り広げる学園ものなのだが、扱っているテーマが非常に秀逸なのである。世の中の普通に従うことは幸せなことなのか、といったものが主題として扱われている。そのために、青春小説でありながらも何故だか大人向けの小説に仕上がっている。社会に染まってしまった大人にとっては胸がチクチク痛い作品になるのではないだろうか。僕は幸か不幸か主人公と同じような考え、行動をしてきたがために、どこか主人公と自分を重ね合わせてしまっていた。世の中ってなんか変だよねといった感覚って、普通の人はいつにすてるんだろう。そんな感じのことを思いながら読み返していた。

主人公である秀美は所謂普通の子供ではなく、社会の「普通」という概念に、常に異を唱える子供なのである。そのように考えるようになった一番の原因は、彼の父がいないという事実であった。父親がいないという他者の「まなざし」によって自分が評価されるという事実に敏感に反応し、父親がいないことは不幸なことなのか?などといった問いを発するのであった。

このような生き方をする秀美に、教師や周りの生徒は反発したりする。しかし彼を理解してくれる存在が数人いるからこそ、彼はそのような生き方を続けていけていた。悪く言えばKYとでもなる彼が、何を考え、そして自らの信念に従いながら生きていく姿に、非常に魅力を感じる。

なんかすごい真面目な作品のレビューみたいになっちゃったけど、実際はそんなことはまったくないコメディに近い作品だったりする。テンポもいいし、何度でも読みたくなる味がある。所々に散りばめられたユーモアは秀逸だし、キャラクターもそれぞれ濃い味を持っていて面白い。

小説とか読んだこと無いんだけど、何か良いものない?
なんて問いをきかれたとしたら、多分僕はこの本をあげるといった感じの本。
これはリアルにオススメ。
[PR]
by pyababy | 2009-09-30 01:52 |

「課題先進国」日本。

「課題先進国」日本―キャッチアップからフロントランナーへ

小宮山 宏 / 中央公論新社



日本の可能性とこれからを示してくれる良書であった。

日本は今、さまざまな課題に直面している。
そしてそのどれもが、世界で初めて直面する課題である。
高齢化についてもそうだし、環境問題についてもそうである。

それらの問題を解決していくことが、日本の強さになり、
世界にとって本当に役に立つことであるといったことが述べられている。

そして問題解決にあたっては、今までの細分化された知識を統合し、
用いていくことが必要であると行った事も述べられている。

幅広くさまざまな問題に触れられていて、著者の教養の広さに驚かされる。
さすが東大総長といった具合だろうか。

僕はどちらかと言えばこれからの未来に対して悲観的な人間だが、
人間が持つ技術によって「明るい未来」がくるかもしれないといった気分になった。

本書のすごいところは、幅広いテーマに触れていることと、
課題を示すだけでなく解決策を具体的に示している点である。

この手の本は課題を示して後は読者任せといったものが多いのだが、
その中ではかなり異質な本であると思う。

著者の専門分野以外についても幅広い洞察がなされ、
このように社会が進めばいいなーなんて妄想もしてしまう。
特に教育に関する部分は秀逸だと思う。

見田宗介の本もそうだったが、
なんというか本当に偉大な学者が書いた本って文句の付けようもないのな。

この辺の事って自分がある程度レベルが上がってきたからわかることで、
またもっと上のレベルになってやっと批判ができると思うと、
これから先の人生で自分がそその域に達するのはいつになるのか、
さっぱり予想すら立てれない次第であった。

ああもうほんと、世の中にはすごい人が多い。
ただただ尊敬の一途である。

もう本の感想とか何も書いてないな・・・。
とりあえずオススメ。
[PR]
by pyababy | 2009-09-26 02:36 |

まなざしの地獄。

まなざしの地獄

見田 宗介 / 河出書房新社



永山則夫といえば、永山基準という言葉で知られるように、
法律を学ぶ人間ならば誰もが耳にしたことのある人間である。

彼は法律学だけでなく、社会学においても重要な意味を持つ人物である。
本書「まなざしの地獄」は大社会学者である見田宗介が、
永山則夫が起こした事件の裏側にある社会について、
社会学的観点から分析した本である。

この論文を知ったきっかけは、大学一回生の時の一般教養の講義であった。
当時から読もうと思ってはいたものの、
この論文単体が載っている本は存在していなかったこともあり、
3年越しに読むこととなってしまった。

本書はNN(永山則夫)が起こした事件を軸に、
当時の日本社会の階級構造の全体を浮き彫りにすることを目的に書かれている。
それゆえに単なるNN論ではなく、社会全体に目を向けて書かれている。

なんというか僕がこうやって感想を述べたり、解釈を述べたりするのが、
本当に馬鹿らしく思えてくるほどしっかりした論文であった。
いつからか身につけてしまった批判的読書の方法で読んでいたものの、
どこにも反論することなど見つからず、ただただ納得の一途であった。
ああこれが偉大な論文なんだろうなと思うしかなかった。
天才ってこんな人のことをいうんだなーと。

何よりすごいと思ったことは、著者のデータ分析についてである。
普段なら何となく見逃してしまうような統計データから、
当時の社会の状況、そしてNNの過去についてまで、
徹底的に分析されていた。

同じデータを扱っているはずなのに、扱う人間が違うだけで、
これほど解釈と説得力に違いが生ずるのかと思うと驚きを隠せなかった。
現在の自分の位置をまざまざと思い知らされたという点でも衝撃であった。

内容もすごく面白い。

骨子となっている部分を引用。
「人の現在と未来とを呪縛するのは、この過去を本人の「現在」として、また本人の「未来」として、執拗にその本人にさしむける他社のまなざしであり、他者たちの実践である。」
例を挙げるならば
(自分でつくろうと思ったけどどう見ても引用した方が良い例があるから引用)
「顔面にキズのある人間は罪悪の人かもしれないという他者たちのまなざしとその実践が、彼(NN)をまことに罪悪の人として予定してしまう。」といった具合である。

要するに、その人自体ではなく、その人が持つ「何か」によって、
他者から評価されてしまうということを述べている。

そしてNNにとっては「この他者のまなざしこそ地獄であった。」のだ。

むううううううううううううううううううううううう。
纏めようと思っても、本文が良すぎてこれ以上纏められないしにたい。。

いつかこんな風に頭を使えるように、
そしてこんな風に人を納得させることのできる文章が書ける人間になりたい。。
[PR]
by pyababy | 2009-09-26 02:26 |

秋の再読週間4

白仏 (文春文庫)

辻 仁成 / 文藝春秋

スコア:


この作品は辻仁成の作品の中でも、特別なものなのだと思う。
他の小説とは違い、モデルが存在していること自体も例外的であるし、
作中では幾度となく「死」という概念を考えることになるという点も異質である。

主人公の稔は、幼きころから生活の傍に「死」が存在していた。
それゆえに、いつか自分にも訪れることになる「死」を恐れ続けていた。

しかしそれでも人は生きなければならない。
逃れることのできない死と共に生きるというものが白仏では描かれていた。

作中での、稔にとっての「生」と「死」の概念はどんどん変化していく。

「どんなに遠くにいても会いたいと思い続ければいつかは会えるかもしれないというのが生だった。」

「この生涯続く疑問こそが存在の理由ではないか、と気づいた。絶対に見つからない答え。決してたどり着くことのできない真理。どんなに悩んでも安心を得ることのできない納得。つまり答えなど最初からないのだった。何故だろうと疑問を抱き続けることが生そのものではないか。」

「短かろうが長かろうが生を全うしたところに死という入口があるとです。わたしは理屈で死を捕らえるは好かんとです。死は思考を超え、存在を超えた深い宇宙ですばい。清美は死は無だと言いよったばってん、おっどんは死とは常にそばに在ることだと思うとです。生きたもんのそばに在ること、それが安らかな死だと思うとです。」「死は敗北ではありません。」

愛した人の死、友人の死、戦争における自らの殺人、
その他多くの死を乗り越えるたびに、稔にとっての「死」は変化していった。

多分自分にとっての死の概念が変化したからこそ、
初めて読んだ時とは受けた感想が違ったのだろう。

その意味でこの本は、一種の古典になり揺る可能性を秘めていると思う。
それくらい普遍的な問題を触れているし、内容も奥深い。

話の中で印象に残った言葉がある。
鉄砲屋だった稔が新兵器を開発しているときに心に思った言葉である。
「開発のせいで、確実に大勢の人びとが死ぬ。それを背負う勇気があるのだろうか」

結局稔はその重さに耐えきれず、自ら開発した兵器を封印する。
誰もが目の前の敵を倒すことに必死になっていた時代に、
死というものを自分の感覚で捉え、そして自分の意志に従った稔の生き方は、
僕にとっては格好いい大人であったように思う。

好きな作品だが、奥深さ故にあまり語れないのが残念である。
[PR]
by pyababy | 2009-09-25 02:04 |

秋の再読週間3

チルドレン (講談社文庫)

伊坂 幸太郎 / 講談社



伊坂の中でも一番暖かい作品だと思う。
最初に読んだのは、外国へ向かう飛行機の中だった。
飛行機の暇つぶし用のはずが、あまりの面白さに帰りの飛行機でも読んでしまった。
この本を読んで家裁の調査官に憧れた時期もあったりした。
そんな意味でも思い出深い作品である。

家庭裁判所調査官である陣内を、色んな登場人物の視点から描いている。
そして同じ時代を描いているのではなく、違う時代の陣内を描いているからこそ、
自然と物語の中で問題提起と謎解きがなされていて、面白さを増している。

相変わらず陣内のキャラクターが大好きだ。
彼は家裁の調査官という法律を扱う職種にいながら、
彼の行動指針は法律の外にある。
いうなれば、彼自身が正義というキャラクターなのである。
どこかぶっとんでいて、それに周りは振り回されているのだけれども、
それでも何故か傍にいたいと思える人なのだ。

この本の中ですごく好きな言葉がある。

「そもそも、大人が格好良ければ、子供はぐれねえんだよ」

格好いい大人が増えて欲しいな。
そして自分も格好いい大人になりたいな。
そんなことを改めて思った。
[PR]
by pyababy | 2009-09-23 01:53 |

一冊目の就活本。

1冊目の就活本―自分らしい生き方を実現する―

近藤 悦康 / アチーブメント出版



今更だが、前に話をしたことのあるコンサルタントの本を読んでみた。

内容的には、普通の就活本と大差はなかった。
少し違うところは、会社の宣伝がたまに入るところくらいだろうか。

自分らしい生き方を実現するとタイトルではうたっているが、
この本通りに生きるコトが自分らしい生き方なのかは僕にはわからなかった。

ここに書かれていた生き方は、
必要最小限の努力で目標を達成することを美徳とする生き方であった。

目標を立てて、それに向かって前進するというスキルを磨くためには、
確かにこの本に書いてあることは効果的なことではある。
時間の有効な使い方であったり、目標の最短距離での達成方法とかの部分は、
見習うべき箇所が多かった。

ただ、そんな風に日々何かに追われて生きるコトを美徳とは僕には思えなかった。
コト仕事に関しては、そんな生き方もありなのかも知れない。

閑話休題。

なんていうか、その場の空気に酔うことって大事なのかなーと最近思う。
就活という流れによって、自分探しの流れに酔って。
そうやって酔っていないと、自分ってものを保てないのかなあ。

その辺よくわからないんだけど、
例えば、中学受験の「合格宣言」であったり、
就活においての「理想の自分を描く」であったり、
そんな意味もない気合い入れみたいなことをしないと、
何かを達成していくコトって難しいのかなあ。

ちょっと言葉にできてないな。
もう少し頭で練ってから後日書く。
[PR]
by pyababy | 2009-09-23 01:07 |

泥沼こんにちは。

なにげにデジタル一眼持ってたりするんですが、
ついに追加でレンズ買っちゃいましたえへ。

こんにちは泥沼。
レンズ一個5万とかの世界ってマジでこわい。
[PR]
by pyababy | 2009-09-22 23:16 | 日常

餅は餅屋。

任天堂 “驚き”を生む方程式

井上 理 / 日本経済新聞出版社



任天堂ってよくわからない。
人数は少ないのに、あり得ないレベルの利益を生み出している。
その仕組みが多少なりとも気になって、手に取ってみた。

一言で言えば、餅は餅屋ということだった。
自らの専門分野に磨きをかけ、その一点のみで勝負する。
他の分野は専門家に任せ、自らは黒子に徹する。
当たり前のようだが、これを徹底した結果が今の発展に繋がっている。

このように書くと初めからすごかったように思えるが、そんなことはない。
過去に多角経営の域を超えた「迷走」を繰り返した反省が、
今の時代の任天堂の体質を生んだのであった。

読みながら感じたキーワードをいくつか記して終える。

妥協しない。
市民の感覚を大切にする。
最新ではなくとも、勝てばいい。
限界を決めない。
徹底した現実主義。
娯楽に徹せよ。独創的であれ。必需品と区別しろ。身の丈を知れ。
[PR]
by pyababy | 2009-09-22 02:10 |